KEY WORD~馬馬虎虎で行こう~

『馬虎主義』宣言したいKeiCoのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夢におののく

今日はクリスマスイブ

というより『志村正彦さんの命日』と父様の月命日。
部屋で花を生け、香を焚き、志村の曲をじっくり聴く。

そんな日。



今日の夜中、しつこい呼び鈴で目が覚めた。
飛び起きた時には音はしてなかった。
夢か現か?よくわからないが
念のため玄関に行きドアスコープをのぞこうとした瞬間
ものすごい恐怖に見舞われた。

「…本当に人がいたら、向こうからも覗いてたらどうしよう」

身体中の震えがとまらないままドアに近く。
ドアスコープから廊下の光が漏れてくるので
最悪人が覗いていることはないと思い、恐る恐る目を近づける。

見える範囲には誰もいない。

鍵が閉まっているか確認し、ドアチェーンもかけてベッドに戻る。(←普段からかけとけー!)
が、身体の震えと動悸が収まらず眠れない。

呼び鈴は本当に鳴ったのか?いや、多分夢だ。
今までにも同じく夜中に呼び鈴で目覚めた事が何度かあった。

呼び鈴ではなく、窓をたたく音がして目覚めた時は
カーテンの隙間からこちらをのぞく人のシルエットが見え
翌日ベランダに人がいた形跡があった。(窓の外側に叩いた手の跡と蹴飛ばされて転がった状態の植木鉢)
その時の恐怖が残っているから、異常なくらい怖くなる。

夢なら夢の方がいいけれど
気になる夢が、夢判断通りになった昨年の悲しさはもう味わいたくない。

悪い夢じゃなければいいけれど、夢判断を見るのも怖い。


非常に疲れる。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。