FC2ブログ

KEY WORD~馬馬虎虎で行こう~

『馬虎主義』宣言したいKeiCoのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恐るべし!

もうすぐ9月。

9月といえば放生会(ほうじょう

放生会と言えば『博多ちゃんぽん(びーどろ)』と『新生姜(葉付)』
お店にも新生姜が沢山並んでいるのに、なのに
手が伸びるのはヒネショウガ(笑)


ってことで日曜日に大きな固まりで3個ほど(3個で1kgといえば大きさがわかる?)購入。
これで400円!安っ!!

ショウガを買ったとなれば作らなきゃね『ショウガシロップ&チップス』
本当は皮付きの方がいいのだけれど、泥とか傷とかあるのでちょっとね。
スプーンでなるべく薄く皮をこそげる。
え~1kgとなるとコレだけでかなり時間かかる。
皮を剥いたら3mmくらいにがんがんスライスして琺瑯の鍋にいれていく。
ショウガスライスの山に甜菜糖をどばーっとかけて全体になじませ
好みのスパイス(シナモン、ローリエ、カルダモン。全部ホールで)を放り込み
30分おくと、すんごい水が上がってくる。
ここにテキトーに水を加え、レモン汁もテキトーに入れ火にかける。
沸騰してきたら火を弱めアクを取りながら40分程煮込む。
ショウガがいい感じの色になってきた所で火を止め、そのまま常温になるまでほっておく。
冷めたら茶漉しで漉しながら保存瓶へ移す。
鍋に残ったショウガスライスを、竹ザルに重ならないように並べ天日で干す。
この量だったら直径60cmのザル2枚弱になる。(ショウガの厚さにもよるけどね。薄く切るとそれだけ枚数が増える)
カラカラになる一歩手前で取り込み、ビニール袋に入れ
グラニュー糖をテキトーに入れ、口を閉じて袋をシャカシャカ振る。
薄くまんべんなく砂糖がまぶされたら保存瓶へ。

え~大体においてテキトー。
テキトーじゃないのは材料(特に砂糖)コレはこだわる。
きび砂糖か甜菜糖。コレしか使わない。
今回はショウガに対して若干少なめ。だって1袋750gしか入ってなかったんだもん。
ってことで量はテキトー(^^;
ついでに、シナモンをケチっため、香りがちょっこし薄い。
でも旨い!

シロップはこの時期だったら炭酸で割って『ジンジャーエール』にしてもよし。
私は紅茶やホットミルクに入れて飲む。
チップスは小分けして持ち歩き、気が向いたときによく噛みながら食す。

しっかし、この時期のシロップづくりはたまらんわ。
暑くて。皮むいている時から汗だく。
しかもショウガを握っている左手が、作り終えたあとでもホッカホカ。

手に持っているだけでこの効果。

恐るべし!ショウガパワー!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。