KEY WORD~馬馬虎虎で行こう~

『馬虎主義』宣言したいKeiCoのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SUGAR BOY 1st.「maniacs」

あ~もう1週間たっちゃったんだなぁ。。。
書こう書こうと思いながら、時間が過ぎてしまった。
その間「SUGAR BOY」「maniacs」と検索で訪れてくれた方
びっくりする程。え~っと何も書いてなくてゴメンナサイ。
でもって、コレから書く事も多分超自己中なことになるので
何のお役にも立たないと思います。

長くなりそうなのでたたみます。
気になる方だけ↓どぞ(長いよ~覚悟して)









事前情報を嫌う人、結構多いよね。
私はネタバレ嫌じゃないっす。舞台・映画・本…そしてレースでも。
ラストや結果を知っても絶対楽しめちゃう。
だって、人それぞれ感じ方が違うわけだし
ラストや結果だけが重要じゃないやん?
そこに辿り着く過程に興味があるんで。
だけどネタバレがイヤな人の気持ちもよ~くわかるので
なるべくネタバレしないようには気をつけているつもりだけど。。。
結構難しいですな。

SUGAR BOY 1st.maniacs

これは、まぁ~全くと言って事前情報の無い舞台。
私なんか、情報が無いのでいつも以上にドキドキでしたわ。
観るだけなのに、舞台に立つ位の緊張?←お前はナニモノやねん
(あ、一応舞台に立った経験はあるんで(学校とかでなく)演劇じゃないけど)


『maniacs』については既に全公演終わっているので
ネタバレとかの心配はないものの
ちょっとね、内容的に観る人によって
受け取り方がかなり違ってきそうな舞台だったので・・・
舞台を観て、コレ読んだ人から「え~?」って声が聞こえてきそう(^^;
まぁ好き嫌いがハッキリ出そうな舞台でしたな。
私は好きっていうか、モロハマりな内容だったけどね。

いや、いろんな意味で面白かった!
「maniscs」ですな。確かに。狂ってますわ。
ただ…ん~なんて言うのかちょっとだけ中途半端?かなぁ…
もっと深く出来たんじゃぁないだろうかと。。。あ、もちろん素人考えだけど。
ここで笑っていいものか?笑っちゃう私ってもしかして腹黒?
そんな心配をさせないぐらいの思い切りが欲しかった。
所々後味の悪さが残る部分もナキニシモアラズ。←ココを振り切って欲しかったかな。
演る方も、観る方も中々に体力っつーか、力が必要っつーか…そんな舞台。

だけどね!こんな事言ってるけどね!
面白かったんよ!
この舞台もね、観た瞬間よりも後から来るんよ。
観てる時にちょっとだけ「ん?」と理解出来ない所もちょっとだけあったけれど
まぁそれは、私の中にその要素が少ない部分だったのでしょう。
この2週間は結構頭ん中で復習ってか「あ~そういうことか!」みたいな
観ている時とは違った解釈?とか、観てて「?」の所がすんなり理解出来たりとか
別に私は舞台を観て、深読みしすぎたり小難しく考えたりする方じゃないけれど
伏線とかは大好きだから(あ、なんか矛盾してる(笑))
噛めば噛む程味が出る、スルメみたいなのが好き。舞台でもお笑いでもね。
よく「なんで同じもん何度も観るん(読む)?」と言われるけれど理由はコレ↑

以下。ストーリー紹介はほぼなし!っと思って。
私が好き~とか面白かった~とかの感想ですんで(ミーハー部分も含めて)
多分意味わからんと思うけど、自分が読み直したときに思い出す用なんでご容赦をば。

舞台のセット。壁の至る所に引き出しや穴、黒いペラペラしたもの(←後に正体が!)
あと風船とか…セットが移動したりと結構大掛かりな物でしたな~
セットが変わる舞台はそんなに観てないのでなにげに新鮮♪
が、風船の意味が…何となくわかる時と、全くわからん時があって
結果的には「わからん」と・・・スンマセン理解力低くて(^^;

「JOURNEY」
これ、入り方好きやわ~。
暗い舞台上。センターに浮かぶ「地球」。
上手下方の窓から「地球」を不思議そうに見つめる「きょう(ウーロン太さん)」と「だい(村上ロックさん)」。
顔が~!ブニィ~て!戻らなくなる~!ぶさいく~!(笑)
千秋楽は特に凄かった。マジでそのまま顔で突き破れそうやったもん(^^;
「地球」を使ったおんぶ・だっこネタとか逃げるのを引っ張りだすトコとかは
やっぱり初めとは違うよね?オレンヂくんだったらあの流れは無いよね?
3人とも似たような体型だからさ…どうだろ?
で、ママ(ふみ嬢)とのやりとりで「思春期」が出た時、
思わず「坊ちゃん思春期でてるでてる」とケムシ声で脳内再生したのは
私だけじゃないはずだ。だって、川尻さんでしょ?そこんとこ狙ってるよね?
ところで、ココで「あれ?ユーシーさんて、カッコいい?(見た目)」
と思ってしまった自分にびっくり。
あ、いや今までそういう印象を持っていなかったってだけで…別にいつもがゴニョゴニョ・・・(^^;

この『JOURNEY』で『きょう』と『だい』が旅に出るきっかけと1つ目の『死』が。

「ART」
タナカシンゴ←この名前が頭から離れません!!
ふみ嬢演ずる「竹中」切ないよ~。。。
すぐ忘れちゃう(病気?)から、死んだ彼の事を絵に描き留めているけれど
その絵がどんどん変わってる。しかもそれに気付いてない。
しかもその絵、売っちゃうんだぁ~。
「竹中」が描いた絵の事を、ただひとり理解(?)してくれる人。
その人がいる事でちょっとだけすくわれた気がする。
コレ、かなり好きなお話でした。

「PET」
え~「フジ」ちゃんに結構感情移入しちゃいました。
が、ウサギとネコ。怪し過ぎやろ?(爆)
なのにぃ~だんだんネコが可愛く見えてくるってのが不思議っ!
ウサギの気持ちとか、怪しさ満載なんだけど切なかった。
ココでも「死」が。かなりぎゅーっときたよ。。。

「STOP」
モンブランズ、いいねぇ~♪
ココでいろんな舞台小物の謎が解明(笑)
壁に貼ってあった黒いペラペラは「海苔」
千秋楽は実際に別のシーンで食べてましたな。
床にある妙な出っ張りは、なんと炊飯機のふた!
いや、気になってたのよ。足元のアレはなんなんだろうって。
したら開けてびっくり!ホントのごはん炊きたてのような湯気が(笑)
コップを差し出せば飲み物が落ちてくる。動く必要ナッシング。
あ~なんてナマケモノにはうってつけの場所なんだぁ♪
何気にゆるく、ちょっとホッと笑えてたんだけど
最後、ア~ホント二コロシチャウンダ・・・と。。。

「KEY」
タイトルだけ見て、友達と思わず「!?」となった。
まぁただ単に「KEY」って私の屋号だったり、メアドに使ったりと
とても馴染み深い単語だったからなんだけどね(^^;
コレは、、、なんつーか。。。ねぇ。ぴんくーでしたな。
ちょいと戸惑いましたわ。声だして笑うのに(^^;
まわりを気にしちゃってね(苦笑)
途中からは「カマトトぶっても意味ナイしぃ~」と遠慮なく笑ったけど。
えと、マジで笑いどころってか、意味が分からなかった
若いお嬢さんがいたようでしたな。いいねぇ初々しくて(^^;
後から思い返すと「おぉ~私の勝手な考えだけど、何気に深くね?」となった。

「LIBRARY」
正直怖かった。いろんな意味で。
煩悩と言うか、人間の身勝手さがズキズキきた。
ニョスとヒテイとリネンにウルウルしてしまった。
こんときの若博さん。容貌が整っているだけに
冷たさが、怖さが、めちゃくちゃ際立ってましたな。
でもね~千秋楽は上手の前方で目の前、もう触れられそうな所で観てたんだけど
ピアノ弾く手つき。ありゃちょいとマズいよ。。。
演技に見とれていた時に、ふと手つきが目に入ってちょっとだけ「あ~~~」となった。

ラスト
言ってよい?思わず「ひえっ」ってマジ声出ちゃったんだわ。。。
「きょう」の狂気というか、そうきたか!みたいな?
「だい」が大切なものを入れてたデイバッグ。
「きょう」がその中に入れて旅をしていたのは「だい」。。。
ひとりの様で、実はずっと2人で旅をしていた。
ママに見せてもらった写真の地「アテナ」には
本当に辿り着いたのか?

まぁ~ホント。後から後からいろんな事を考えちゃう舞台でしたな。
つぎ「SUGAR BOY」の公演あったら、また絶対に行くよ!!
ミーハー的なコトを言うと
川尻恵太さん、モンブランズの木多大介さん、ウーロン太さんがね
めちゃくちゃ私好み♪だったと(^^;
特に川尻さん♪いや~良いわ良いわ(^^)

すっごく長くなっちゃった。
この後の「山田の書きもの展」の事とか
千秋楽後のコトとか一緒に書こうと思ったけど
あんまり長くなったんで、次に(コチラをクリック

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。