KEY WORD~馬馬虎虎で行こう~

『馬虎主義』宣言したいKeiCoのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ココひと月で読んだ本

本はよく読む。
でも、沢山読む訳じゃなくて同じ本を何度も読む。
読み終わるとスグに古本屋に売って、新しい本を買うって人も多いらしいが
私はそれが出来ない。
ふとした瞬間に昔読んだ本の一編が出て来たりすると
その箇所をどうしても確認したくなるし、
なんと言っても良いものは何度読んでも良いのだ。
いつでもすぐ手に取れる所に置いておきたい。
時間を経て読み返すと、以前とはまた違った読み方が出来たり
昔はわからなかった作者の意図が、歳とるとともにすんなり理解できたりする。
だから大好きな本は保存用のハードカバーと
いつでも読める用の文庫本の2冊があったりする(←おバカ~)
ゆえに文庫本は結構ボロボロ(^^;
本の扱いはかなり丁寧な方だけどコレはしょうがないね…

でココひと月で読んだ本をちょっと羅列してみる。
□開高健
闇三部作『輝ける闇』『夏の闇』『花終わる闇』
エッセイ『最後の晩餐』『地球はグラスのふちを回る』『開口一番』
開高健を読むと決まって読みたくなるのが
□川端康成『雪国』
□谷崎潤一郎『卍』『蓼喰ふ虫』『刺青』『痴人の愛』
□安部公房『砂の女」
□遠藤周作『海と毒薬』
□澁澤龍彦『毒薬の手帳』『O嬢の物語』
ちょっと趣向を変えて
□村上春樹『ノルウェイの森』
□エ.ブロンテ『嵐が丘』
□M.モンゴメリ『炉辺荘のアン』 etc...

・・・古っ。。。ってか暗っ(^^;
まぁしょうがないやね、こういうのが読んでて安心するんだから。
あ、でも開高健や遠藤周作のエッセイはめっちゃ面白いよ~
あと北杜夫も!狐狸庵(遠藤周作)とドクトルマンボウ(北杜夫)ね(^^)
小説よりもエッセイばっかり読んでるかも。
開高健のエッセイは結構必死で探して、かなり揃えたし(でも手に入らないものも多いけど)

全部もう何度読んだかわからない。でも何度読んでも良い!

古い本バッカリ引張りだして読んでるけど
実は買ってまだ手をつけてない本が、、、20冊程。。。(^^;
コレも早く読まなきゃ!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

読書の秋を満喫してるね~。
私も手に取るとずーっと読んでるんだけど、手に取るまでがなかなか…。
「ダヴィンチ・コード」は、本で読めて良かった(^^)映画途中のままだったら、嫌いな作品になってたかも。ありがとでした。
あまりジャンルにこだわりないので、オススメがあったらまた貸してやってください m(_ _)m

yoko | URL | 2008年03月29日(Sat)23:20 [EDIT]

『読書の秋』っていうか、いつもなんだけどね(^^;
本(もしくは活字)が無いと発作おこすもの(笑)
レース以外眼中に無いハズのサーキットにも本持って行くし…ほとんど中毒っス
会社に行かない分、読む量が増えたってのはあるけどね。
『ダヴィンチ・コード』…そういえば本読んでから映画見ようと思ってたけど
本だけで満足しちゃった(笑)
そういえばtamaさんは読み終わったのかしら?
そろそろ読み返したい気分になって来たぞ~(4回目かな?)

オススメ。。。難しいなぁ…う~ん何が良い?あ、うちね~今時の本はナイよ!
黒岩重吾の『聖徳太子』は?それとか『陰陽師』は夢枕獏の原作も漫画も
多分全部揃ってるから読んでみる?(結構な量になるけど)
あとちょいと(いやかなり?)好き嫌いあるかもしれないけど
田口ランディの初期の小説・エッセイも結構ある(コンセントとかその辺)

KeiCo | URL | 2008年03月29日(Sat)23:20 [EDIT]

黒岩さんは名前くらいしか知らないけど、古代史とかは好き~(^^)
「陰陽師」はちゃんと読んだことないけど有名よね。
今時のものどころか昔の名作もよく知らんので、きっと何でも読みます。keyさんのオススメなら多分大丈夫v
もちろん、急いでないので会う時に荷物にならない分だけでいいです。

最近、営業のお姉さんや企画の人と話してて、自分がいかにモノを知らないか痛感する…(--;)映画にしろ、本にしろ、よいものは吸収していかなきゃ自分も成長しないんだなぁ。

こちらの都合(お財布の軽さと部屋の狭さ T-T)につき合わせてすみませんが、気が向いたら何か貸してください。今度お茶でもおごります~。

yoko | URL | 2008年03月29日(Sat)23:21 [EDIT]

黒岩重吾の『聖徳太子』は、厩戸皇子が中々人間臭くて面白いよ(^^)
んじゃ今度これ持ってくよ。文庫本4冊だからそこまでかさばらないし。
『落日の王子―蘇我入鹿』とか『鬼道の女王―卑弥呼』もあるので
黒岩文学がお気に召したらこちらもどうぞ(^^)

KeiCo | URL | 2008年03月29日(Sat)23:21 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。